投資の基礎知識

不動産投資信託の収益源は安定した家賃収入であり、上場しているので株式同様にリアルタイムで売買することが可能です。また銘柄を選ぶときには、住居系やオフィス系など、個別の銘柄の特徴を理解することが重要です。

もっと知ろう

投資信託法人を選ぶ

不動産投資を行なうとなると、それなりに知識を蓄えなければなりませんですし行なう事は色々とあります。しかし不動産投資信託を利用するとそうではありません。行なう事は投資のみであり、あと信託法人が運用を行なうのです。

もっと知ろう

海外不動産投資とは

今旬でトレンドの不動産投資信託について調べてみましょう。様々な取り引きについて詳しくチェックすることが出来ますよ。

初めての人でも大丈夫!家賃相場を知ろう!マンションをこれから貸したい人は、相場を知ることが重要ですよ。

為替の影響を考える

バブル崩壊後に下落を続けていた不動産価格も三大都市圏を中心に回復の兆しを見せています。しかしながら、日本は少子高齢化の進展が著しくなっており、不動産の先行きに対しても先行きの明るさは見られません。一方、21世紀はアジアの時代と言われており、東南アジアを中心に経済発展が見込まれています。不動産投資は人口の増加するところに行うのが原則ですから、今後は海外不動産投資を行うことが重要です。海外不動産投資は為替の影響を受けますので、本来は円高の時に行えばリスクが少なく済むのですが、現在は円高が顕著となって椅子ために必ずしも海外不動産投資にとって最適な環境であるということは出来ませんが、国内にとどまっていることもリスクが大きくなっています。

長期的な視点で投資する

長期的には為替の変動は避けられないわけですので、海外不動産投資を行う場合には長期的な視点で取り組む必要があります。重要なことは投資したプロジェクトのキャッシュフローが成立して資金繰りに不安がないことです。為替の影響を避けるためにはプロジェクトの資金調達は現地の通貨で行うことが重要です。短期的には為替の影響が日本サイドの円に換算した決算には影響が出ますが、これは一過性の問題で現地のプロジェクトのキャッシュフローが回っている限りでは問題がありません。海外不動産投資を行う場合にはそれぞれの国がそれぞれの規制を設定していることもあるので現地に詳しいパートナーや弁護士と連携してプロイジェクトを進めることも失敗をしない要諦です。

運用ポイントとは

一億円の資金を運用する場合には、株式や債券などを活用して分散投資を行ってリスクを小さくすることが重要です。また長期的にはインフレによる目減りが大きな問題であり、不動産のように物価に連動する投資対象を活用するべきです。

もっと知ろう