不動産投資信託や海外不動産投資をする【財産イッパイ】

Finance

運用ポイントとは

分散投資の魅力とは

一億円を運用するときの最大のポイントは、リスクを押さえながら収益を最大化することです。そのためには株式や債券や不動産のように、様々な投資対象にバランスよく資金配分することが重要です。また投資家一人一人の運用に対するスタンスが異なるので、ファイナンシャルプランナーと相談しながら、一億円の運用プランを考えることも大切です。特に低リスクで一億円を運用したい場合には、個人向け国債をはじめとして、債券投資を中心に行うことがポイントです。しかし一億円を活用して高いリターンを実現したいときには、株式の運用比率を高めることが必要です。また株式投資を行う場合でも、賢く銘柄を選ぶことで高い配当利回りを実現したり、値下がりリスクを軽減することが可能です。

インフレ対策の重要性

長期的視野に立って資産を運用する場合には、インフレによる資産の目減りが最大の問題です。そのためにインフレに強い投資対象を十分に組み込むことが、資産の目減りを防ぐためには特に重要です。そのためには不動産をポートフォリオに組み込むことが最も大切であり、アパートやマンションの一棟売り物件を購入するのが最も効果的です。しかし賃貸オーナーになった場合には、建物の管理をしっかりと行うことがとても重要です。そこで必要に応じて賃貸管理会社を活用して、家賃の徴収業務や清掃業務も委託するのが理想的です。しかし一方でグローバルな視点で投資を行うことがインフレ対策では重要であり、海外の株式やETFも積極的に活用するのがポイントです。